選び方も大切な千葉の永代供養墓

  • 永代供養墓を選ぶ人が増えている千葉

    • 千葉エリアは核家族世帯が多いことからも、子孫にお墓を託さずに済む永代供養墓が注目されています。
      県内の多くの寺院や霊園でも、永代供養を謳う墓所を設けるところが増えました。



      霊園などの施設が管理する永代供養墓は、子孫の代わりに施設運営側が遺骨の供養や管理をする仕組みになっています。
      従来の仏教用語の永代供養と、近年広告などで謳われている「永代」は、施設ごとに供養の方法や年数が違っていることがありますので、その点は注意が必要です。

      goo ニュースに関連した情報が掲載されています。

      最近の広告でよく見られる永代供養墓は、一つの墓所に複数名の遺骨を納める合同慰霊形式となっています。



      千葉エリアでも多く見られるのが、仏像や供養塔の地下に納骨室が造られていて、そこに合祀されるタイプです。骨壺の納め方は、施設ごとに違いがありますが、都市部に増えているのが、霊堂とされる建物の内部がロッカー形式になっていて、個別にお参りも出来るタイプです。

      さらに近年急増しているのが、樹木葬など、自然葬形式での永代供養墓です。
      元来、木立に囲まれた霊園が多い千葉では、樹木葬エリアを設けやすいこともあり、桜で統一した桜葬など、それぞれ特色のある埋葬形式をとっています。
      雰囲気の良い自然公園のような霊園が人気を集めていますが、費用はもちろん、供養の年数、納骨形式が個別か合同かといった辺りも、よく見極めておくことが大切です。
      頻繁にお墓参りをせずにすむ永代供養墓ではありますが、霊園の立地や交通アクセスも確認して、自宅から極端に離れていないエリアを選ぶほうが、下見をする上でも便利です。