選び方も大切な千葉の永代供養墓

  • 千葉エリアで注目される自然葬

    • 樹木葬や海洋葬といった大自然への回帰を願う自然葬が、千葉県内でも近年急増しています。
      三方を海に囲まれ、緑豊かな里山にも恵まれている千葉は、自然葬に向いているエリアと言えます。


      故人の遺骨を粉末状にして海に撒く海洋葬は、その行為が許可されている海域まで船で向かうため、個人で行うのは難しい葬送スタイルですが、近年、船などの手配一切を行う専門の業者も出て来ています。

      沖縄など、遠方の海への散骨を代行するプランも実施されています。
      樹木を墓標としてその根元などに埋葬する樹木葬は、海洋葬よりも行いやすい印象があります。


      実際、多くの霊園が敷地内に新たに樹木葬エリアを設けており、千葉エリアでは、自然葬の主流になりつつあります。



      一口に樹木葬と言っても、樹木の種類や埋葬形式など、多種多様となっています。
      象徴的な一本の樹木のもとに複数名の遺骨を散骨あるいは納骨する形式もあれば、一人に一本の樹木が植えられる形式もあります。
      墓標となる樹木の種類も、霊園など施設によって違いがありますので、樹木の種類を指定したい場合は、事前にそれが可能かどうか確認しておくことが重要です。

      ターゲットに応じた日本経済新聞の情報なら当サイトにお任せ下さい。

      千葉エリアは、温暖で気候も安定しており、大抵の樹木が問題なく生育できるだけに、樹木葬での埋葬は、今後いっそう増えていくと考えられます。



      自然葬という考え方自体、自然保護への関心の高まりと無縁ではないので、墓石だけが並ぶ従来の霊園より、樹木が増えるということも歓迎されています。

      フラワーパークのように整備された霊園も人気で、景観の面からも、自然葬は多くの人に受け入れられやすい埋葬スタイルと言えます。