選び方も大切な千葉の永代供養墓

  • 気候風土にも合っている千葉の自然葬

    • 環境保護への関心の高まりや、生を終えたあとの自然回帰を願う人が増えたことから、自然葬を選ぶ人が千葉でも増えてきました。
      千葉でみられる代表的な自然葬は、海洋葬と樹木葬です。



      散骨が可能な海域へ船で向かって海に遺灰を撒く海洋葬は、三方を海に囲まれた千葉県では、実現しやすい条件に恵まれていると言えます。希望者の増加に伴って、遺骨を粉末状にしたり船のチャーターなどを請け負う業者も増えつつあります。

      遺族が乗船して近海で散骨を行うプランもあれば、業者が代行して沖縄などで散骨する形式もあります。温暖な気候で、海とともに緑地にも恵まれている千葉は、樹木葬にも適した土地柄と言えます。墓標に見立てられた樹木の根元や周囲に、納骨あるいは散骨しておこなう樹木葬は、粉末状にした遺骨を海に散骨する方式のみの海洋葬と違い、埋葬の形式が多岐にわたっています。

      毎日新聞に関してわかりやすく説明しております。

      霊園の外観にしても、文字通り樹林になっているところもあれば、芝生や花が配され、洋風庭園のようになっている墓所もあります。



      樹木を植える場合も、個別に一人一本の場合と、シンボルとなっている大木の周囲に複数名の遺骨を埋葬するなどといった違いがあります。樹木の種類も、桜のみ一種類で桜葬としているところ、バラの根元に埋葬してイングリッシュガーデン形式にしている霊園といったように、百花繚乱と言っても過言ではない様相です。
      海に恵まれ、植物の生育にも適している千葉は、自然葬一般に向いているエリアだけに、今後も増加し、広く定着してゆく葬送スタイルになると考えられます。